3 Posts

人間の医療保険ですと3割負担という割引制度を国の方針で設定されていますから、安心して医療にかかる事ができます。これは世界的に見ても破格の安さなのですが動物にはむろん適応されません。

しかしながらペット保険では5割負担および7割負担というシステムを利用できますから、これがペット保険の魅力でありペットを飼ったら加入を勧められる理由というのも、ここにあります。そのかわり月々の保険料が高額になるのが一般的ですから、加入するまでに躊躇してしまう人が多いのも頷けます。だからといってむやみに大事な家族であるペットを破棄していい理由にはなりません。

実はペット保険にも人間同様の割引制度を設置している保険業者が増えているのですが、あまり知られていないのが現状です。多頭飼い割引・ネット割引き・無事故割引・マイクロチップ装着割引といった具合です。これだけ聞いても加入してみたくなりますが、他にも窓口での支払いも含めて最初から割引額で医療利用できるサービスや健康相談、救急利用サービスなど保険会社ごとに設置しているお得なサービスが多々ありますから、こちらのペット保険比較サイトなどを参考にしてペットも人間も一緒に安心して生きていけるペットライフを実現してください。

犬や猫をペットにしている人が大半という中で他種動物を対象にした保険も増えていますから、検索してみると補償内容が実にバラエティに富んでいる事がわかります。それだけごはんの質向上に伴い寿命も延びているという事ですし、加齢と共に各種病気が発病しやすいのは自然です。

近年手間も経費もかからないと人気絶頂にある猫でさえ病気図鑑を見ると、“実はこんなにある猫の病気”に驚かされます。動物は口がきけない代わりに行動で異常を知らせてきますから、人間がそうしたいつもと違う行動に気づいて早期治療を受けさせなければなりません。種類が豊富な犬の場合は犬種によって発症しやすい病気というのもありますから、飼い主として予備知識をある程度もっておく事は必須なのですが、保険会社が注目するのはむしろ年齢です。人間と違い加齢スピードはもちろん違いますから、月毎に考えておくべきなのは言うまでもありません。

ミックスで飼った場合年齢不詳という事があっても心配はありません。医師の方で判断可能な基準をもっていますし、保険によっては割引制度を設置しているものもあるのです。どのようなお得サービスを置いているかは保険会社によっては違いますし、補償内容が保険料と比例しているケースも多々ありますから、まずは複数の資料を集めて比較検討してみるのが良いでしょう。

今回は“ペット保険は年齢で違ってくる”というテーマでお話します。人間と同様に動物たちも加齢と共に身体機能が随所で弱ってきますから、当然医療利用頻度も増えていきます。それは保険利用も増えていく事を意味していますが、それなら保険加入はもっと後になってからでもいいだと考える飼い主はご注意ください。

実際に動物たちが医療を利用する機会は必ずしも高齢になってからとは限らず、若年それもベイビーの時からあるのです。犬種を問わずかかりやすく保険請求も多いのは外耳炎や皮膚炎などですが、子犬なら下痢にも注意です。その他も含めると犬だけでじつに40数種類の病気に配慮しなければなりません。手間暇がかからないと言われている猫も、同様に膀胱炎を含めて多種多様な病気への理解を、少なくとも今後ペットを飼う予定にある飼い主は基礎知識だけでも身につけておくべきです。犬猫共に近年増加傾向にあるのはガンです。さらに保険料の推移を見ていくと年齢に応じて鰻登りに上昇しているのがわかります。

さらにペットの老後も考えていかなければなりませんから飼い主の負担は重くなっていきます。同じ病気なのにペット保険は年齢によって、なぜこんなにも経費が違ってくるのかといいますと、人間同様に加齢による身体機能の低下に伴い、病気にもかかりやすいという点とシステム上保険料がかさんでいくからです。補償内容によっても違ってくるのは言うまでもありません。ケースによっては正確な年齢が不明というペットもいますから、おおよそ見た目で幼犬・成犬・老犬を判別される事がほとんどですが、必要に応じて年齢検査を受ける場合もあります。